タイプR純正のホイールはかっこいいですが、今となってはガリ傷があったり塗装が劣化していたりしますよね。

こちらのお客様もがり傷が気になるとのことで板金することになりました。

このホイールは傷が深くパテを使うとタイヤ組み込み時にパテがはがれる恐れがあるためTIG溶接でアルミの肉を盛りました。

盛った表面を正確に平らにするためフライス盤を使用し削ります。

ミクロン単位で削ります。

フライス盤で削った後、ペーパーで最終研磨に移ります。

あとは通常の塗装と同じでサフェーサー(下地)を塗ります。

色は当然チャンピオンシップホワイトです。今回の塗装は純正のソリッドから2コートソリッドにしました。これにより新品以上の艶が出るだけでなくブレーキダスト等の汚れも濡れたタオルで拭くだけで綺麗になります。

Please reload