お客様 「せっかくここまで綺麗に直ったから、いっそのことF左ドアも

     お願いできない?

​     今のうちだったらRドアより簡単でしょ。」

僕   「そうですね。この程度なら。ついでにやりますか。」

お客様 「任せるから。」

僕   「承知いたしました。」

    

    えへへー。今位の錆だったらRドアの1/3の時間で終わるんじゃない?

​    ラッキー!

この程度の錆なら楽勝だぜ!

​Rドア切った時は、さすがにドアパネル インナー切ったから、やたら凸凹していて

サンダーの使えない段差が結構あって面倒くさかったなー。

​思い切ってドアパネル アウター切っちゃおうかなー。

パネルボンドってニクヤセしないかなー?。

充分時間をかけて熱を入れればニクヤセしないんじゃない?

その充分がわかんないんだけどなー。

段差の手研ぎはめんどくさいしなー。

よし!

​アウターで行こう。

やってしまったぜ!

​禁断のアウター切っちゃった。

​それもモールで隠れないところ。

錆の範囲は思ったより広いけど、強烈じゃなくて良かった!。

ブラスト使わなくても、緑のグルグルで行けんじゃん。

​ラッキー!

いいお客様だし。

​サービスでこんなところも処理しちゃお。

​錆落としが終わったらいつもの「ピカタン Z」です。

いつもの840Rです。

アルミの板とビス。

可能な限りのクランプ。

​ちょっと成長してタイダウンで、ヘミングの部分をはめ込みました。

2回目なので順調です。

段差がないと早いです。

VS4のサフェ塗装して下地は完了です。

エンドックスのシーラーカートリッジ新品買いました。

シーラーガンで処理しました。

まあまあの出来栄えでした。

​そんな時に限って写真がありません。